スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Freebird - Bill Hicks


◆原文

(観客の一人が“フリーバード!”と叫ぶ)
 そいつをやめてくれ、面白くもねえ。利口じゃないね。バカに見えるぜ。飽き飽きなんだそいつは。
 どうして未だにこんなのを言い続けるやつがいるんだろうな?

(同じ客がまた何か言う)
 ケヴィン・マシューズ? ああ、そんな言葉に何の意味があるんだ?
 どういう意味だ? お前が言ったことだろ、そいつになんか意味があるのか? オチはなんだ?

(同じ客がまた何か言う)
 ジミー・ショーツ? そいつは今ここにいねぇよ。来るはずもねぇよ。
 何だってんだ? 俺たち何やってるんだ? お前が話に水を差すのをずーっと聞いてなきゃいけないのか? クソバカが!
 お前だよ、わかるだろ、ずっとお前に付き合わされてんだ。クソったれの貧乏人の吹きだまりが。
 自分で何をやってるかもわかってない輩に舞台を台無しにされる、なんてことがあっていいのか?
 今陥ってんのはそういうことだ! 役立たずのクズ肉がこの世界の楽しみを台無しにしてんだ! これが現状だ!
 ヒトラーの考えは正しかった! しかし仕損じた! 皆殺しにするべきだったんだ、アドルフ!
 全人類をぶっ殺すべきだったんだ、ユダヤ人だけじゃなく、メキシカンも、アメリカンも、白人も全員ぶっ殺せ! やり直すんだ! まるでムダだったあの試みをだ!
 40日40夜の雨でクソったれの生物を洗い流してくれ! 肉と骨だけの出来損ないどもを洗い流してくれ!
 神よ、お願いだ! クソどもを皆殺しにしてくれ!

(客のうちの一人が「フリーバード!」と叫ぶ)
 フリーバードね、原初にその言葉ありきってか。フリーバード。
 そいつが何世紀も通して叫ばれてきたわけだ。フリーバード、そいつがクソバカどものマントラってわけだ。

 
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。