category: 小説  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

「無関心性」の罠を撃ち、生存の「技藝」の沃野をひらく(佐々木中著『戦争と一人の作家:坂口安吾論』)

No image

注:引用元の文の傍点箇所はすべて引用時に太字に置き換えた。  また、佐々木中氏が「芸術」ではなく「藝術」の文字を使用する理由が述べられるのは『切りとれ、あの祈る手を(2010年)』の時点であり、『夜戦と永遠(2008年)』ではまだ「芸術」の表記が使用されている。また、安吾も「芸術」の表記を使用しているため、本稿では佐々木中の「芸術」と佐々木中の「藝術」と坂口安吾の「芸術」のみっつが混在しているが、引用元の...

  •  0
  •  0

小説『剥き産み』自家通販のご案内

 こんにちは。恋をしていますか? 私は小説を書きました。書いたので売ります。小説『剥き産み』特設 冒頭部分がpdfとpixivでお読みいただけます。購入方法は「自家通販受付中」の要項をお読みください。 購入方法は(1)Amazonギフト券Eメールタイプ と(2)銀行振込 の二種類からお選び頂けます。入金さえしなければいくらでも購入を先送りできるというシステムになっていますので、まずはお気軽にメールしていただければと思...

  •  0
  •  0

なぜそれを暗闇の中に留めておかなかったのか

“無能だというのは、小説の書けない人のことではない。書いてもそのことが隠せない人のことなのだ。”  ーーチェーホフ『イオーヌィチ』より、スタールツェフ「作品」を発表することは、それを人為的に可視性のなかに曝すこと以外の何かではない。文章や詩や絵画や映画が「読みうる」「見うる」状態を可能とする視覚のただなかに投げやられ、読まれ、評判を呼んだり貶されたりする。「作者」が出現する。「この作者の絶妙な筆致が...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。