category: アイカツ!  1/2

この幼形成熟の世紀に(出産する二人・フランチャイズ・自己啓発・アイカツ!)

[この記事は【準備稿】であり、決定稿は2018年3月末に投稿予定の「『アイカツスターズ!』2年目に捧げるnつのリスペクト(仮題)」に再録される予定です]◎出産する二人(A!ep128、『アイカツ!』3年半の中で最も偉大な点)◎手回しオルガンの歌(It ain’t funky.)◎「癒し」への「中毒」◎RUN LIKE HELL 大人になるとはどういうことでしょうか。「いきなり何? 説教?」と思われたかもしれませんが、そういうわけでもありません。...

  •  0
  •  0

重力のあるところで(『アイカツ!』あかりジェネレーション178話によせて)

【2017年9月4日に付された前書】 今となってはこの記事に書かれていることすべて(除余談)に賛同できない。かしこぶって『カンディード』がどうとか言っているが、私が本当の意味で『カンディード』を読み直すことになったのは2016年4月14日21時26分以降である。また、後半で『アイカツ!』のファンダムに対するリスペクトと信頼みたいなものが語られているが、今となってはそんなものは鐚一文持ち合わせていない。◎翼とプレミア...

  •  0
  •  0

【アイカツ!】氷上スミレ三部作のこと(103→108→117話)

 現在、アイカツ!シーズン3の一部エピソードが公式で無料配信されています。 以前ちょっと書いたのですが、この機会にアイカツ!シーズン3の氷上スミレを取り扱ったエピソードについて、その一連の流れでいかにえげつないことが為されているか、について書いておきたいと思います。●氷上スミレ三部作(103→108→117話) この三話は、端的に言えば「歌手を志す少女が具体的な進路を選び取るまで」の物語と言えます。 アイカツ...

  •  13
  •  0

ダンスと人形とストロンボリと(アイカツ!『MY SHOW TIME!』)

【2017年9月4日に付された前書】「なんか言いたいのはわかるけど情緒的すぎて何を言いたいのかわからない」タイプの文章があるが、この記事もそういう文章である。当時色々なことに苛立っていた(いきなり風営法の話が出てくる、等)のはわかるがそれ以外は何もわからないと言った質の文章であり、情緒に傾いて文章を書くのは良くないという教訓を残してくれる。しかし書かれていること自体は何も間違っていないと思うので、加筆も...

  •  0
  •  0

有栖川おとめとジュディ・ガーランド [アイカツ!とオズの魔法使い]

【2017年9月4日に付された前書】 この記事には本来『アイカツ!』もジュディ・ガーランドも登場する必要性がない。私がここで言いたかったのは “BURN IN HELL YOU SEXIST SLIME” の一言のみであり、つまりこの前書を読んだらこの記事を読む必要はない。しかし今読み返してもここでの憤りは正当なものだったと思うし、加筆も訂正もなしにそのまま公開する。『虹の彼方に(Over The Rainbow)』が今日まで歌われるゲイ・アンセムと...

  •  1
  •  0